読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本革手縫いコンセプトシリーズ 瑞鶴パスケース試作してみました

こんばんは、Kuronekoの製作担当をしている黒猫です。今回もデザイナーさん(@KAORIdesignK)からラフ画をいただき、型紙からサドルステッチまで、すべて手仕事で製作しました。

コンセプトレザーシリーズ、空母パスケースの第二弾となります。(試作段階のため、外周のステッチは入れていません)

 

f:id:Leather_kuroneko:20150419165709p:plain

 

まだ外周ステッチの色が決まらないので、表面と裏面を縫い合わせていません。デザインはこの形で進めていこうと思っています。瑞鶴の服装の色、腰元のリボン結びをはじめ、胸部装甲の「ス」や甲板のラインもほぼ忠実に再現してみました。

 

f:id:Leather_kuroneko:20150419174623p:plain

 デザイナーからの叫びです・・・

 

 

製作話や素材については、続きからです。

前作の空母パスケース「鳳翔」に続き、第二弾は「瑞鶴」です。

すべて本革・天然素材で仕上げるというコンセプトのもと、麻糸をサドルステッチで縫っています。今回は胸部装甲を曲線に裁断し、そこからカードを出し入れ出来るような構造になっています。また、表右上部分にハトメを使用し、チェーンなどを通せるようにする予定です。ハトメ部分はカードに重なって傷つけないように位置決めしました。

 

胸部装甲はオイルレザーを使用、袴にはエルクスキンを使っています。裏面甲板は牛革と、七面鳥と呼ばれる所以となった着艦部分には表と同じくエルクスキン。

エルクは柔らかく薄いので、裏張りを工夫しています。ステッチはすべて手縫いのサドルステッチ、某有名ブランドのバーキンに使われている縫い方です。

艦これレザーシリーズは、すべてサドルステッチで仕上げております。

 

これから革の裏張りをし、外周をステッチで仕上げ、コバ(側面部分)を染色・磨いて試作を仕上げていきます。

試作からの微調整をし、その後受注開始となりますのでもう少々お待ちください。

どうぞよろしくお願いします。

 

 (当ブログ内画像の無断転載等お断りさせて頂いております。どうぞご理解いただきます様お願い致します。)