読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本革手縫い 連装砲ちゃん ミニチュアバッグ 製作してみました【2017/4/8現在受注枠埋まりました】

こんにちは。

サークルKuronekoにて製作を担当している黒猫です。

 

今回は「連装砲ちゃん ミニチュアバッグ」についての紹介記事です。

 

f:id:Leather_kuroneko:20170304082546j:plain

 

小さいながらも、ちゃんとバッグとして使えるように作ってみました。

詳細については、続きをご覧ください。

 

 

今回使用した革について

本体に使用した革は「サドルレザー」、マチ部分は「ヌメ革」です。

大きく言えばどちらもヌメ革なのですが、革の鞣し過程において油分を抑え、よりナチュラルに仕上げたものをサドルレザーと呼称するようです。

と言うのも厳密に呼び方に差があるわけではなく、問屋さんによって同じ革でも呼び方が違っていたりします。

私自身の経験により、触った感触でナチュラルなものを「サドルレザー」、ほんの少しオイルが入ったものを「ヌメ」と呼んでいます。

 

f:id:Leather_kuroneko:20170304090044j:plain

 

このように、同じサドルレザーでも経年によって色が変化していきます。

特に日光浴で色が変わってくるので、良い問屋さんは薄暗く入りにくい雰囲気を醸しています(笑)

 

2017/3/12現在、カフーのモカ(左)とワインレッド(右)の革が入りました。

モカ×焦げ茶、ワイン×ブラックの組み合わせでも作製可能です。ご相談ください。

f:id:Leather_kuroneko:20170312173714j:plain

中央は連装砲ちゃん2号の試作に使用したアンティーク(茶)となります。 

leather-kuroneko.hateblo.jp

 

 

 

製作過程

実用できる最小限のサイズなので、普通サイズのバッグを製作するより細かな部分に気を遣いました。

数ミリのズレが形を歪ませてしまうので形を正確に切り出し、表・裏・マチ部分のヒシメ穴をズレないように、決まった穴数で打っていきます。仮に1cmズレたらもう終わりですね。

持ち手・錠・口などは1mmのズレで印象が変わってしまうので、特に正確に作る必要がありました。

紙模型から型紙をデザイナーと相談しつつ作り、形になるまで数か月かかりました。

 

 

f:id:Leather_kuroneko:20170304091533j:plain

裏側もきちんと磨いていきます。

 

f:id:Leather_kuroneko:20170304091707j:plain

バッグ裏面の、サークルの焼き印です。

コバ部分は染色(茶)・定着剤・磨きの工程を五回ほど丁寧に繰り返して仕上げます。

 

 

サイズ

外寸 横11cm × 幅5cm × 高さ8cm(+持ち手約3cm)

内寸 横10cm × 幅4cm × 高さ7cm(蓋の部分があるのでもう少し入ります)

   & カードスリット一枚分の内ポケット有

 

こんな感じで入ります。

f:id:Leather_kuroneko:20170304092801j:plain

 

小物入れ・口紅1本・ICカード1枚(内ポケットに収納)

 

f:id:Leather_kuroneko:20170304092823j:plain

 

他にも、携帯充電器(手持ちのANKER PowerCare 10000)は入ります。

提督の戦闘糧食、カ□リーメイトは2袋(ひと箱分)入ります。艦娘ちゃんの戦闘糧食(おにぎり)は1つ入れることが可能(生鮮食品の保存機能はついていませんのでご了承ください)です。

また、小さめのコンデジなどは入りそうですね。(持っていないので確認はできていません)

 

素 材

  • 本体、持ち手、内側スリット ヌメ革・サドルレザー
  • 縫い糸・ラミー(苧麻)焦げ茶
  • 肩紐 ヌメ革(接続金具含み約130cm)・・・10cm程度延長可能(延長した場合、カシメは一個になります)

※革(ヌメ・サドルレザー)の性質上、仕入れ段階で既に焼け等によるむら感がございます。出来る限り綺麗な場所を使用して製作しておりますが、一点ずつ味わいが変わります。どうぞその点をご了承くださいませ。 

※なお、他の素材(2017/3/5現在、2号で使用したアンティーク色でも1点のみ製作可能です)でも製作は可能です。素材により頒布価格は変動することもありますので、事前に一度ご相談ください。

 

使用感

小物類が多少入るのと、肩にかけていても邪魔にならないミニサイズなので、使いやすかったです。

小さすぎて物が入らなく不便かと思いましたが、使ってみると小さいことがかえって利点でした。ICカードを入れておけるので、改札でぽんっと連装砲ちゃんをかざせば通れます。徐々に革の色も変わっていきますし、使っていて楽しいミニチュアバッグなんじゃないかなと思います。

 

 頒布価格

  • 本体・・・18,000円+送料(実費:追跡保障のあるはこboon使用)
  • 肩紐・・・ 2,000円+送料(実費:追跡保障のあるはこboon使用)

 本体のみの頒布も致します。申し込み時に肩紐とセットにするかどうかお知らせ下さい。

 また、持ち手の接続にカン付のギボシを使用しているので、市販の肩紐も付くものがあると思います。カンの内径約8mmです。

 

 

2017/3/4現在、即納品(秋津洲・夕張・甲勲章(ATG))と連装砲ちゃんミニチュアバッグ1点のみ受注可能としています。

2017/4/8現在、受注枠埋まっている為お問い合わせのみ受け付けています。

よろしくお願い致します。

kaori.tokyo.jp

 

 

製作に関するご質問は黒猫宛にお願い致します。

 ご注文やイベント出展、新作、レザーシリーズのデザインに関するご質問はかおり宛にご連絡下さい。

(当ブログ内画像の無断転載等お断りさせて頂いております。どうぞご理解いただきます様お願い致します。)